「海で拾ったプラスティックゴミでモビールを作ろう」ワークショップ。

先日、渋谷の3nityでtennen 初のワークショップを開催しました。「海で拾ったプラスティックゴミでモビールを作ろう」。 しかし、子供はすごいね。最初からモビールなんて眼中にない 笑。 解き放された子供は最初は迷うんだけど、スイッチが入ってからのその集中力は楽しかったな。 もちろん大人はしっかりとモビールを作りましたが、プラゴミを使わないで、全て流木で作るご婦人の作品も素敵でした。あまり縛られずに自由な発想で作っていただき、何となくテンネンらしいワークショップになりました。 ...

Read more »

ヤクウール×オーガニックコットンの半袖スウェット

桜の蕾も膨らむ季節は、 レイヤードできるウェアが活躍する季節でもあります。 一日のうち、30℃近い昼夜の寒暖差がある チベット人の暮らしに寄り添う ヤク牛の毛を混紡した半袖スウェットは、 天然の温度調整機能が備わっているので 肌寒い時はベスト代わりとして重宝します。 また、カシミヤと同等の肌触りを持ち併せているので、 これからやって来る暑い季節には 素肌にそのまま袖を通すも良し。 厚すぎず、薄すぎない、絶妙な厚みを意識しました。 素材そのもののナチュラルな色合い...

Read more »

リサイクルの続き。そんなの想定内です!!!

さて。さて。 現在進行している捨てられた衣類から作るリサイクル糸のお話です。 先日は待望のリサイクル100%の糸が大正紡績さんから上がってきました。 実は喜び湧き上がる我々の心は次の製品に向けての準備を始めたところでしたが、 いざ糸の量産に入るとかなり難易度が高く、難しいと連絡がありました。 なんと。。。。。 まぁ まぁ 想定内です! そこで都内にある大正紡績さんの事務所にて打ち合わせをしてきました。 今回は数キロ作ったんですが、それも通常のラインではなく、 とてもゆっくり...

Read more »

素肌が悦ぶシルクの靴下

美しい女性は見えないところも、とってもおしゃれ。 やさしさや自信が、内面からあふれ輝いています。 tennen/テンネンの「Silk De Socks/シルク de ソックス」なら そんな彼女たちも満足してくれるはず。 肌に触れる裏地をシルクのパイル地に仕立てたソックスは、 「夏は涼しく、冬温かい」。 シルクはもともと18種類のアミノ酸からできているので、 人の素肌の組成に近く、昔から肌着に重宝されてきたのも納得です。 いつも、そばで支えてくれるあの人に。 あ、もち...

Read more »

これからの服づくり。循環する服づくり。

「これからの服づくり」(前編・後編)アップしました。 天撚が考える「これからの服づくり」について、ブランドのディレクションとデザインを進める小栗が語ります。 「リサイクル、生分解性100%、オーガニック、日本製、このすべてを組み合わせた“循環する服づくり”を実現させて、ユーザー、生産者、僕ら、自然環境みんなをハッピーに」 まずは前編からどうぞ。 「これからの服づくり:前編」...

Read more »

生分解性という小難しい話ですが人間にとって大切な事です。

こんにちは。こんばんは。 ここのところ、あれだけ降らなかった雨が降り、気温も下がったり、上がったりとまさに三寒四温。もうすぐ春本番です。冬の枯れ草に混じって、新しい緑の草が少しづつ増えてきました。そんな季節。是非TENNENのアイテムを手にとってみて、触って、試着して。。 感じてもらいたいところです。天然繊維の素晴らしさはその成り立ちからくる肌触りと機能にあります。自然のものだから気持ちがいい。単純でわかりやすいこのフィーリングを身にまとって外へ遊びに行きましょう。 ところで 上の画...

Read more »

春の装いを撮影しました。

    立春も過ぎ、梅もチラホラ目にとどまる季節になってきました。 そんな中、tennenは春の装いを撮影してきました。 今回は景色がとても素晴らしい、鴨川の里山に住んでいるcafe so 畑中夫妻にモデルをお願いしました。   まずはその模様をこちらから!!!   このお二人ですが、もともと東京にお住いでしたが、2010年に家族で移住しカフェを開き、その後メニューの南インド風菜食カレーを追求。その追求の結果...

Read more »

100%リサイクルの糸が上がってきたぞーー!!

  なんと!なんと!先日からお話ししているリサイクル糸ですが、とうとう、とうとう、大正紡績様より届きました! ありがとうございます! このプロジェクトの第一段階としてしては「捨てられた繊維製品から100%のリサイクル糸を作る」が目標だったので、とりあえずホッとしています。 今回は糸の太さは9番。といって Tシャツを例にすると 一般的には30番とか40番(数字が大きくなればなるほど糸は細くなります)なので、少し太めの糸になります。 糸はやはり節があって...

Read more »

リサイクル糸。ピンチです。(マニアックな話ですが 笑)

先日、お伝えした古着からリサイクル100%の糸をオールジャパンで作る!というチャレンジですが、現在は大正紡績さんより糸にしてもらうべく試行錯誤してもらっています。少し前にメールにて進行状況や問題点などやりとりがありました。 はい。そう簡単ではありません。 ごみ収集として回収され、コットンに分けて洋服から綿に戻す。しかしもリサイクル100%を目指したいとなると色々な問題点が生じます。 まず、工場の森田さん よりスライバー状(糸になる前のわたを直径2〜3cmのうどん状にしたもの)の綿にブラック...

Read more »

マガジンアップしました! ワクワクしています。

  こちらから見ることができます。これがオリジナルリサイクル糸の前編です。紡績って糸を作る事なんですが、 この工程も山ほどあって、それぞれ長年培った経験や技術の蓄積が重要で、クリエイティブな現場なのです。 洋服ができるまではそのような、大事な工程がたくさんあり、目に見えない努力や技術が多くあります。 100%捨てられたゴミから生まれる新しいリサイクル糸。面白くないですか? ワクワクします。乞うご期待ください。   https://tenne...

Read more »