土に還せる服 - BIODEGRADATION 土に還せる服
BIODEGRADATION

いままでになかったコンセプトの服をお客さまと分かち合いたくて、わたしたちはテンネンを始めました。
新しくつくるプロダクトは、製造の前段階から「リサイクルできること」、それに「やむなく破棄するときには土に還せること=生分解性100%」を、いちばん大切な目標にしています。「ゴミを出さない、生まない、服づくり」というフレーズはここから来ています。
これは、世界中で年間に数十億着も焼却され、他のマテリアルに比べてリサイクル率が圧倒的に低いアパレル業態に対する、ささやかで壮大な挑戦です。
着る人。つくる人。仲良くともに歩んでいけたら、最高です。

服の原価 - COST for CLOTHING。 服の原価
COST for CLOTHING。

ちょっと前に、華やかに見えるファッション業界の裏側を写した「ザ・トゥルー・コスト」というドキュメンタリーがリリースされ、衝撃が走りました。
「何が、どうなってるんだ?」。そんな不安がきっと現代の服を包んだに違いありません。それじゃあ、気持ち良くないし、楽しくない。
だからわたしたちは、洋服の中身を少しでもみなさんにわかりやすく見てもらおうと考えました。価格に対する原価の公表が、みなさんに“服の本当のコスト”を知ってもらうための、ひとつの手段になればいいなと思って。
近々、プロダクトをご案内するページに、各製品の原価率も明記していこうと思っています。 テンネンは、隠しゴトはもうやめます。

つくり手と産地 - CRAFTMEN & ORIGIN つくり手と産地
CRAFTMEN & ORIGIN

日本のものづくりには、素晴らしい技術や職人の技がまだまだたくさんあります。しかも、本当にすごい技術です。
でも、高齢化や継承者不足というのが大きな現実。
だからわたしたちは、テンネンの服づくりを通じて、少しでも技術者のみなさんにスポットが当たるよう、さまざまな仕組みを考えていこうと思っています。
また、この生産者情報も、プロダクトページでをご案内していきます。
さらに、ウェブサイト上でもインタビューなどを通じて、彼らの仕事や技をたくさん紹介していこうと思っています。
もう一度、服がわたしたちの憧れになって、多くの若い世代がその一端を担ってくれるようになるまで。